>Topics>葬儀に関する基本的知識[当日慌てないために]

葬儀に関する基本的知識[当日慌てないために]

合掌

予め故人が信仰していた宗教の確認を

葬儀を実施する際は、故人が信仰していた宗教に則った内容で執り行うのが良いでしょう。まずは、仏教やキリスト教などの宗教の種類を調べておき、それらの宗教の宗派まで確認するようにしてください。もし、菩提寺があれば、そこへ連絡するようにしましょう。

会場

遺体を安置する場所を検討しておこう

病院で亡くなるケースが多いですが、長期間遺体を安置できないので、どこに安置するのか決めておく必要があります。一般的には自宅で安置することになりますが、誰が付き添いをするのかについても決めておいてください。また、自宅に安置できない時は、斎場などに安置することになります。

一般的な葬儀の基本フロー

花

準備

まずは、葬儀社の選定からスタートです。依頼したい葬儀社が決まりましたら、葬儀の内容について具体的な打ち合わせをします。その後、故人と親交のあった関係者に通夜や告別式の告知をしましょう。そして、役所へ死亡届を提出して、火葬許可証をもらってください。

通夜

故人と過ごすことができる最後の夜です。お坊さんが読経をし、その後遺族や参列者が焼香をします。その後、喪主が挨拶をして、通夜振る舞いをします。

告別式

故人との最後の別れをする儀式です。通夜と同様にお坊さんが読経をし、遺族や参列者が焼香をします。最後に喪主が挨拶をして出棺です。

出棺

告別式が滞りなく終わりましたら、参列者は、遺体の周りに花を飾り最後のお別れをします。その後、霊柩車に棺を入れて火葬場まで運びます。

火葬

火葬場に着きましたら、お坊さんによる読経と、遺族による焼香をした後に火葬されます。火葬が終わった後、遺骨を骨壷に入れる骨揚げの儀式をします。

葬儀には様々な種類がある

ひと口に葬儀と言っても、色々なタイプがあります。その中で代表的なのが、一般葬や家族葬でしょう。この二つにはどのような特徴があるのかまとめてみました。今後の参考にしてください。

一般葬と家族葬の違い

一般葬

文字通り一般的な内容の葬儀です。家族葬とは違い、故人と親交のある方に広く告知します。参列いただきたい方を限定しないことにより、後々、「参列できなかった」などといったクレームを受けることがないのが特徴です。

家族葬

遺族や親族に加えて、ごく親しい方にのみ参列いただくタイプの葬儀です。参列者が少ないため、喪主や遺族の負担が軽くなるのがメリットです。

葬儀後もやるべきことがある

葬儀が終わっても安心してはいけません。まだまだやるべきことがあります。なかには、早めにやっておかないといけないものもありますので、忘れずに手続きをしておきましょう。

葬儀後の主な手続き

  • 遺産相続
  • 携帯電話やスマートフォンの解約
  • 電気・ガス・水道料金の名義を変更
  • 運転免許証の返納