>Topics>葬儀社はよく選ばないと後悔する[故人が喜ぶ葬儀にしよう]

葬儀場の特徴について知っておこう

通夜や告別式を執り行うことができる場所は様々です。故人にとって、どのようなところで葬儀を執り行うのが最適か考えておきましょう。

葬儀場の種類

葬式

公営斎場

自治体が運営しているタイプの斎場です。民営の斎場と比較して、安い費用で利用することが可能です。また、火葬場も併設されている場合も多いので、移動する時間や手間も省くことができます。

民営斎場

民間の企業が運営している斎場です。葬儀社が直接運営しているケースと、別の企業が運営しているケースがあります。

寺院や宗教施設

一般的に檀家や信徒が葬儀を執り行うことができるところです。寺院で執り行う場合、本堂で執り行う場合や、境内の葬儀場で執り行う場合の2パターンあります。

ホテル

ホテルで葬儀を執り行う場合は、遺体を安置することができません。そのため、火葬した後に執り行うことになります。ホテルのスタッフは、接客の教育が行き届いていますので、きめ細かいサービスを受けることができますよ。

自宅

古くから、葬儀を執り行うところと言えば、自宅が一般的でした。参列者の接待をするために、多くの人が必要ですが、会場を利用するための費用がかからないのが利点です。

宗教によって葬儀の流れが異なる

日本で執り行う葬儀は、一般的に仏式の葬儀とキリスト教の葬儀に分かれると思います。それぞれ、葬儀の流れなどが違いますので、予めどのような違いがあるのか確かめておきましょう。

仏式の葬儀とキリスト教の葬儀の違い

仏式の葬儀

多くの方が執り行うことになる葬儀です。通夜から火葬まで流れが決まっています。しかしながら、宗派によって作法などが異なります。

キリスト教の葬儀

司祭や牧師により執り行うスタイルの葬儀です。教会で執り行うことが、仏式の葬儀との大きな違いとなります。また、聖書の朗読や聖歌が歌われるのも大きな特徴です。

葬儀社はよく選ばないと後悔する[故人が喜ぶ葬儀にしよう]

葬儀

じっくりと考える時間を与えてくれるかチェックしよう

葬儀の手配を依頼するのであれば、依頼者に対して親身に対応してくれるところに依頼したいものです。依頼者に対して親身に対応してくれるかどうかチェックするために、葬儀社と直に会って話し合いましょう。契約を急かしたりせずに、依頼者の希望を聞いたうえで、複数のプランを提示してくれるところであれば信頼ができます。

足

支払いまでの期限に余裕があるところを選ぶべし

葬儀に関する費用が100万円以上かかることも珍しくありません。そのため、すぐに費用分のお金を用意することが難しいケースもあります。支払いまでの期限は葬儀社によって異なりますので、必ず支払期日がいつなのかチェックするようにしてください。

すぐには契約を結ぶのは厳禁

じっくりと検討をせずに契約を結んでしまうと、何らかのトラブルが起きる可能性が高いです。真っ当な葬儀社であるかどうか見極めるためにも、たくさんの情報を集めて、それを基準にして選ぶようにしましょう。