HOME>レポート>時間をかけずに行なえる葬儀が話題に昇っている

時間をかけずに行なえる葬儀が話題に昇っている

お花

注意すべき点

最近は、従来の大規模に行われるものとは違う新しいスタイルの葬儀プランとして、家族葬や一日葬、そして火葬式と呼ばれるものがよく見られます。しかし、これらの新しいプランは参列者が概ね少ないというのが特徴であり、そのことによって問題が起こるケースがあるため注意が必要です。参列者が少ないこと自体には問題はないのですが、少人数で行うため葬儀に呼ばれない方が後日自宅へ弔問に訪れるケースがあります。ですので、生前の故人が人付き合いの多い方だったという場合などはあらかじめそのことを想定しておく必要があるでしょう。また新しいスタイルの葬儀は、親戚などの周囲の方からの理解が得にくい場合があるため、事前に十分な説明が必要です。

葬儀

選ばれている理由

従来とは違う新しいスタイルである家族葬や一日葬、そして火葬式を選ぶ方が増えている理由としては、ライフスタイルや、葬儀に対する価値観の変化に合っていることが挙げられます。従来は社会的な人間関係を重視する傾向が強かったため、身内だけでなく会社関係者やご近所の方など幅広い立場の方々を呼ぶのが普通でした。しかし最近は、家族などの身内や親しい人だけの落ち着いた雰囲気の中で葬儀を行いたいという方が増えており、家族葬などの小規模スタイルがよく選ばれるようになったということが言えるでしょう。そして一日葬や火葬式のようなシンプルなスタイルに関しては、できるだけ節約したいという方や従来の形式にこだわらない方が増えているということが、支持されている背景にあると言えます。