葬儀費用の主な内訳

  • 葬式自体の費用
  • 寺院関連の費用
  • 飲食接待費用

見積書はくまなくチェックを

見積書をもらったら、何にどれくらいの費用がかかるのか、きちんと確認するようにしてください。そして、見積書に記載されていることで何か分からない点があれば、すぐに質問しましょう。

葬儀関連のお役立ち情報

合掌

葬儀前にやるべきこと

大切な人が亡くなった際、やるべきことは山ほどあります。スムーズに葬儀を執り行うためにも、事前に何をやるべきなのか頭に入れておくのが重要です。

もっと詳しく
葬儀

葬儀社の選定方法

葬儀社によって特徴は様々です。適当に選んでしまうとトラブルが発生してしまう恐れがあります。トラブルを回避するためにも、慎重に選ぶ必要があります。

もっと詳しく

葬儀を執り行うなら費用に関する知識をつけないといけない

葬式

費用を負担する人を決めよう

葬儀を執り行う際、葬儀社に対して費用を払ったり、お坊さんにお布施を渡したりする必要があります。法律的に、葬儀費用を払うべき人の取り決めはありませんので、まず誰が葬儀費用を払うのか事前に決めておきましょう。なお、一般的には喪主が負担するケースが多いです。

線香

葬儀費用が不足している場合は補助金の利用を!

葬儀費用は決して安くありません。そのため、どうしても葬儀費用を捻出できないという方もいらっしゃることでしょう。そんな時は、故人が国民健康保険や社会保険の加入有無について確認してください。もし、どちらかに加入していれば、葬祭費もしくは埋葬費の支給を受けることができます。なお、これらの補助金を利用する際は、必ず申請しなければいけないので注意しましょう。

お経

葬儀費用は相続税控除の対象

葬儀の後に、必ずやらなければいけないことが遺産相続です。その時に関わってくるのが相続ですが、通夜や告別式を執り行う時にかかった費用は相続税の控除の対象となります。控除を受けることにより相続税が減額されるので、きちんと葬儀関連の領収書などは保管しておきましょう。

[PR]
布施にある葬式会社を利用しよう
スタッフが最良のプランを提案

葬儀費用を安く抑えるコツ

複数の人

葬儀費用の相場を把握する

まずは、一般的に葬儀にどれくらいの費用がかかるのか知っておくことが大事です。葬儀社に依頼をする際、見積もりをもらいますが、相場を知っておかないと高いのか安いのか判断ができません。葬儀を実施するエリアの費用相場を前もって調べておきましょう。

お布施の相場を把握する

お布施には読経料や戒名料が含まれています。定められた金額というものは存在しませんので、安くしたいと考えがちですが、極端に安くても失礼にあたります。そのため、相場を知っておきましょう。読経料は一般的に20万円前後が相場となります。戒名料はどのような戒名にするかによって費用は異なりますが、戒名の長さに比例して費用も高くなっていきます。

葬儀プランを考えておこう

どのような内容で葬儀を執り行うかによって費用は変わります。葬儀社を探す前に、葬儀プランについて家族や親族と話し合っておきましょう。

複数の葬儀社から見積もりをとろう

葬儀社によって、設定している料金が違います。そのため、色んな葬儀社から見積もりをもらって比較するようにしましょう。そうすれば、どこに依頼すれば安くで葬儀を執り行うことができるのか分かるようになります。

変動費は必ずチェック

飲食接待費用は、参列者に振る舞う通夜振る舞いなどにかかる費用です。参列者の人数によって費用が変わりますので、予算内に収めるためにも、どれだけの人数が参列するのかある程度知っておく必要があります。

横浜市にある葬儀社を利用しよう

[PR]
世田谷にある葬儀会社
故人との別れを徹底サポート☆

[PR]
市川市で好評な葬儀会社
プラン価格が良心的☆

[PR]
葬儀会社を多数紹介
急な葬式の際に活用しよう